ダーマローラー実践体験レポート<22回目>

ダーマローラー実践体験レポート22回目の経過報告です。

ダーマローラー22回目の実践直後の肌状態↓


7週間後の肌状態↓









今までやってきたのと同様、とりだてて大きな変化とか発見したことは特にないです。

夏に向けて気温が上昇していくので肌状態がどうなるか注目してたけど、まだまだ本格的に暑くなる前という感じなので、正直肌状態を判断するには微妙な感じがする。気温の変化や季節の変わり目は体調とか肌状態に影響あるから肌の見え方も変わってくる。

ダーマローラーを使っていてニキビ跡の凹みクレーターに対して微々たるだけど改善効果を感じているから継続している。

肌の状態は良い時や悪い時があるわけで何故ダーマローラーでニキビ跡の凹みクレーターに対して改善効果があるかと思えるかというとニキビ跡の凹み状態がマシに見える時があって、そのマシな状態が増えるという感じだと気づいた。

悪い状態の時は当然、気分的に凹むんだけどマシな状態が何となく増えていることが改善効果を感じる理由だと思う。

肌が汚く見える時の状態が以前より改善しているという感覚。

鏡で自分の肌を見た時にニキビ跡の凹み、凸凹がクッキリしてるという時があって、その時が最低な状態だとしたら、その最低状態が改善しているという感じかな。

こればっかりは感覚的なものなんで、10回以上ダーマローラーを実践したことがある人なら言ってることが、何となくでも理解してもらえるんじゃないかと思う。マシな状態が何となく増えていること・・・これを感じることができるか否かで継続するかどうかの判断が左右して、ダーマローラーの効果あるなし評価の分かれ目になるんじゃないかと感じる。

ダーマローラーはニキビ跡の凹みクレーターに短期間に大きな改善効果を求める人には向いていないとも言える。ニキビ跡の凹みクレーター改善に魔法があればいいけど魔法はまあないので地味にコツコツまだまだ今後も継続していこうと思う。

というわけでダーマローラー実践体験レポート22回目の経過報告でした。



ダーマローラー実践体験レポート<23回目>の記事を読む・・・>>