TCAピーリングで毛穴を消す、無くす効果はある?

毛穴が開いているとか毛穴が黒ずんでいることが悩みという人は、かなり多いみたいですね。TCAピーリングを使えば毛穴の開きや毛穴の黒ずみに対して大きな改善効果がある可能性があります。濃度が高ければ毛穴はもちろんのこと、シミとかホクロなんかも消し去ってしまうほどの破壊力があるんですね。

ただし、TCAピーリングを使用する濃度にもよりますが、ダウンタイムがおそろしく長いことをまず知っておく必要があります。

ダウンタイムはTCAピーリングによって破壊された肌細胞が回復して行く過程において瘡蓋(かさぶた)ができて剥がれる落ちるまでの現象です。単純に濃度が高ければ高いほどダメージも大きくダウンタイムも長くなると考えていいでしょう。

皮膚細胞へのダメージが大きいが故の危険性でありリスクですし、最悪の場合、肌にニキビ跡クレーターのような凹みを生じさせたりシミのような色素沈着が残る、毛穴を無くすことができたとしてもビニール肌、瘢痕のような状態になる危険性もあります。

当サイト管理人としてはTCAピーリングをやることをオススメはしませんが、低い濃度(20%以下)であれば試してみても良いかもしれません。それでもダウンタイムが生じるので、低濃度でやるにしても事前にパッチテストをやることは絶対必須。

肌が弱い、刺激に対して敏感だという人は、基本的にはやらない方がいいでしょう。

肌質には個人差があるため、高い濃度であっても低い濃度であっても何かしら肌トラブルや後遺症が残るという失敗を引き起こす可能性があるということを重々認識しておかなければなりません。

TCAピーリングをしようかな?と興味を持っている人もいると思いますが、やはり何度も言いますが、当サイト管理人としてはTCAピーリングはやはり危険だしリスクがあるのでオススメはしません。

インターネット上にはTCAピーリングを使ってニキビ跡クレーターや肌質を改善する目的に実践している人がいますし、ダウンタイムなどの肌変化を写真に撮って掲載しているブログもあるのでそういったブログやサイトをチェックしてみた方がいいでしょう。

何度も重ねて言いますが、TCAピーリングは危険性・リスクがあることを認識するべきです。