ダーマローラーの針と普通の針の違いって何?

ダーマローラーの針と裁縫で使用する針とどこが違うのか疑問に思っている人もいるかもしれません。これは実際に使って体感してみるのが一番分かりやすいと思います。

裁縫で使うような針は、先端が尖ってますがダーマローラーの針と比較すると太く、繊細さにかけるという感じですがダーマローラーの針の方は先端が極細で鋭利、皮膚に対してスムーズに突き刺さりやすいです。



裁縫の針を指に当てると弱い力であれば皮膚に針が刺さらない程度の抵抗を感じますが、ダーマローラーの針は弱い力でもすんなりと皮膚を突き抜けます。もちろん裁縫の針でも力を入れると皮膚に突き刺さっていきますが弱い力でも針が突き刺さる抵抗具合がダーマローラーの方が断然すんなりと入っていく感じです。

そもそも使用する目的が違うので、それぞれに違いがあるというのは当然といえば当然ですが初めて使用する場合は指で針の先端部分を触ってみるといいでしょう。普通の針とダーマローラーの針の差は小さいようで実は大きい違いがあるといえますね。

くれぐれも普通の裁縫で使用する針で皮膚に穴を空けてニキビ跡クレーターを治そうとは考えないほうがいいです。針であることは同じですが、効率が悪い上に突き刺さる穴が大きくなるので逆に毛穴の開きが悪化したり傷が残りやすくなる危険性があるので、絶対やめた方がいいでしょう。